?
   
 

メニューから選択してください。

 








   
 



  

                  「所長の独り言!」
       
 


平成10年の春から書き始めた独り言は、偶然にも私の今月の70歳の誕生月で、丁度200号になりました。最初の数年間は、四季折々4ヶ月に1度書いていましたが、いつしか毎月になってここまで来てしまいました。未熟ながらもその時々で自分なりに感じたものを書き残しておこうと始めたのです。今、記憶が薄れていく中で読み返すと、どの号も写真のアルバムのようにその時その時にどんな思いでいたのか、昨日の事のように鮮明によみがえってきます。
何千何万という私の身に起きた出来事の殆どは、記憶の彼方に忘れ去られてしまいましたが、
その中の一部の出来事は独り言に書かれて、私の大切な人生のアルバムとして残りました。
心の欲するままにしても矩を超えずという「従心」70歳の誕生月に、丁度200号を迎える
不思議な縁を思うと「所長の独り言」は、ここでちょっとお休みしてみようかなと思います。

         これまで独り言を書き続けてきて
         どう学んだかと 自分に問う時
         独り言といいながら いつも独りではなかったのです
         いつも誰かとの関わりの中で学んできました

         自分の正しさと 誰かとの正しさをぶつけ合いながら
         それぞれの正しさの違いを学んできました
         近い人であったり 遠い人であったり 
         それぞれの距離感の違いを学んできました

         喜んだり 怒ったりしながら
         人の温かさ 冷たさを学んできました
         泣いたり 笑ったりしながら
         人の優しさ 哀しさを学び
         許し受け入れる事の大切さを学んできました
 
         そして
         生きている事のありがたさを学んできました
         いつも 私の学びに誰かが必要だったのです
         だから今 目の前にいるあなたへ 心からの感謝を捧げます
         あなたは私の学びに大切な人でしたから・・・
     
  そして、200号までお付き合い頂いた心優しきあなたへ、心からの感謝を捧げます。
        
                                  平成28年 9月






 

 

中村総合会計事務所の業務案内